2010年12月31日

大晦日

気がつけば、大晦日。
このブログも、立ち上げから10か月になろうとしています。

もともと、平井浩博士の『ミクロコスモス』を紹介するために、
立ち上げたブログでしたので、
こんなに長く続けるつもりはなかったのですが、
日常の備忘録のような形で、今日まで続いています。

ミクロコスモス―初期近代精神史研究 第1集 (シリーズ・古典転生 別巻1 初期近代精神史研究 第 1集) [単行本(ソフトカバー)] / 平井浩 (著); 平井浩 (編集); 月曜社 (刊)
『ミクロコスモス』

この10か月を振り返ると、5月に引越しがあったくらいで、
会社員生活が続く毎日を過ごしているのですが、
その中で、このブログはちょっとした気分転換だったような気がします。
今まで同様、来年も気ままにやっていこうかなと思っています。

それではみなさま、良いお年を。
posted by あず at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

アストラル・プロジェクション Astral Projection

*** トランス 注意 ***
〜癒し系の音楽が好きな方、ご注意下さい。

ゴアトランス界の大御所、
アストラル・プロジェクション
YouTube にオフィシャルチャンネルがあるけど、
驚くほど再生回数が少ないのは、どういうわけでしょう・・・?

大量にアップしてくれているのは嬉しいのですが、
映像の画質に難があったり、ただの静止画だったりして、
見た感じは、やや難があるものが多いかも。。。


代表曲 "Mahadeva" の Remix。フラフープでファイヤーダンス。


"Let There Be Light"


"One"
posted by あず at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽−テクノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

「手作りフラワーエッセンス」

雑誌『セラピスト』を発行する BAB ジャパンさんが、
ネットで講座を配信している、
セラピー・ネット・カレッジ

アロマテラピーやロミロミ、ヒプノセラピー、ホメオパシーなど、
いろいろな講座があるのですが、
フラワーエッセンスも配信されています。

講師はさとうむつみ先生で、
タイトルは「手作りフラワーエッセンス」。

バッチ博士についての話からはじまり、
植物の見かた、感じ方、フラワーエッセンスの作り方などを、
先生自身の実感や体験に基づいて解説しています。
フラワーエッセンスが好きで、もっと楽しみたい方に。

ちなみに、さとう先生はアルカノン・セミナーズで、
フラワーエッセンスの講座を担当しています。
posted by あず at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | フラワーエッセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

ムサコ・ブラジリアン・ナイト Vol.6

昨日、友達とのやりとりの中で、
武蔵小山の LiveCafe Again さんが話題に。
で、来年1月のスケジュールをみたら、
10日に「ムサコ・ブラジリアン・ナイト」が。

う〜ん、行ってみたいけど、仕事だ。。。


1.10(月・祝)
ムサコ・ブラジリアン・ナイト Vol.6
出演:クミキーニャ(Vo)、みうらぉん(Gt, Vo)、サブリナ(Vo)、アルトゥール(Gt, Vo)、島田愛加(Sax,Key)、金元誠(Gt)、村田暢宏(Dr)

Open:18:00 / Start:18:30
入場料:2,000円
みうらぉん企画のブラジリアン・ミュージックをこよなく愛する人たちの楽しいライブです。


せめて気分は、ということで、
今年の6月に Rambling Records からアルバムをリリースした、
アルトゥール&サブリナの曲を。


"Edo"
posted by あず at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽−ワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

バーバンク、ヨガナンダ、フラワーエッセンス

パラマハンサ・ヨガナンダといえば、
『あるヨギの自叙伝』で有名ですが、
フラワーエッセンスの世界ともつながりがあって、
リラ・デイビー・ストーンがエッセンスを作る際、
ヨガナンダの解釈に基づいたと言います。

先日、丸善本店で『あるヨギの自叙伝』を開くと、
「この書をアメリカの聖者 故ルーサー・バーバンクに献げる」
との一文が目に飛び込んできました。

バーバンク、ヨガナンダ、フラワーエッセンス。
そこに、つながりがあるのか、ちょっと気になりました。

医学を志したバーバンクが園芸家にならず、
そのまま医師になっていたならば、
あるいはフラワーエッセンスに到達したかも?
なんて思ったり。

で、思わずヨガナンダの本を2冊買ってしまいました・・・。

あるヨギの自叙伝 [ハードカバー] / パラマハンサ・ヨガナンダ (著); 森北出版 (刊)

人間の永遠の探求―パラマハンサ・ヨガナンダ講話集 [単行本] / パラマハンサ ヨガナンダ (著); 森北出版 (刊)

バーバンクについては、過去記事を。

 ・オカルト農法探検隊
 ・植物対談
 ・バーバンク関連
posted by あず at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | フラワーエッセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

アンディ・マッキー Andy McKee

先日の記事Ewan Dobson を紹介しましたが、
彼の所属するレーベル Candyrat Records
YouTube オフィシャルチャンネルを見ると、
とりわけ驚異的な再生回数をカウントする映像があります。

アンディ・マッキーというギタリストの演奏です。

Wikipedia に掲載された解説を読むと、
かつて YouTube 上で絶大な人気を誇ったとか。

 アンディ・マッキー - Wikipedia

たしかに、見ていて、聴いていて、面白いですね。
では、その話題だったという映像を。


"Drifting"


"Rylynn"
posted by あず at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

『薬学雑誌』

薬学雑誌』は、日本薬学会が発行する学術誌です。
何でも、1881年に創刊された、
日本で最も古い学術誌だとか。

内容を見てみると、たまに植物の成分と薬理作用に関する論文もあり、
なかなか面白かったりします。
そこで、最近の号から植物に関する論文を拾ってみました。
漏れがだいぶあるかもしれませんが。。。


桜皮及び桜皮成分のエストロゲン受容体 β 結合能の評価, 130(7), 989-997, 2010

Candida 属真菌に対する各種精油及び精油成分の抗真菌作用,及び Amphotericin B の抗真菌作用に及ぼす影響, 130(6), 895-902, 2010

Morinda citrifolia による脳虚血性神経障害抑制作用における血糖値制御の関与, 130(5), 707-712, 2010

木を見て森も見る生薬学, 130(5), 687-695, 2010

食品薬学:薬食同源の視点から薬用食品を科学する-デイジーフラワーの中性脂質上昇抑制作用サポニン成分-, 130(5), 673-678, 2010

ヤマハッカ属化合物の抗菌活性について, 130(3), 447-450, 2010

大麻草の種子形態,発芽・生育特性と類似植物ケナフとの判別, 130(2), 237-246, 2010

植物資源から新しい生物活性化合物の探索研究-新しい化合物の構造と生物活性評価-, 129(10), 1155-1175, 2009

植物系違法ドラッグ Voacanga africana 製品の成分分析及び DNA 解析に関する研究, 129(8), 975-982, 2009

大麻種子の 2,3,5-Triphenyl-2H-tetrazolium Chloride (TTC)による発芽能力鑑定法, 128(11), 1707-1711, 2008

ウリ科植物成分に関する研究, 128(10), 1369-1382, 2008

伝統薬物による神経変性疾患の克服―治療薬開発と病態機序の解明に向けて―, 128(8), 1159-1167, 2008

植物ポリフェノールに関する化学的研究とその紅茶色素生成機構解明への展開, 128(8), 1119-1131, 2008

幻覚性植物 Salvia divinorum 及び近縁植物の成分と基原種鑑別について, 128(1), 179-183, 2008

茶花(チャ,Camellia sinensis,花蕾部)の機能性サポニン:Floratheasaponin 類の胃保護作用と血糖値上昇抑制作用及び HPLC を用いた定性及び定量分析, 128(1), 141-151, 2008

ナツメグ(Myristica fragrans Houttuyn)種子中の化学成分とその生理活性について, 128(1), 129-133, 2008
posted by あず at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ・ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

Ewan Dobson

前日の記事で紹介したグルジェフの曲で、
ギターを弾いている Alvin Tung さんのホームページを見ていたら、
Ewan Dobson さんというギタリストが紹介されていました。

ファーストアルバムのジャケットが、
なかなかのイロモノ風で、期待が高まります?!

Ewan Dobson / Candy Rat Records

で、早速、聴いてみたのですが、

・・・これはスゴイ!!!

さまざまなスタイルが融合した刺激的な曲を、
驚愕のテクニックで弾きまくり。
まるで80年代のゲーム音楽を思わせるような曲もあり、
つい少年時代を思い出してしまいました(笑)。

レーベルの YouTube オフィシャルチャンネルで、
ぜひ、映像とともにお楽しみあれ!!


"Blood and Ice"


"Level 5"


"Paganini's Hip"
posted by あず at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

グルジェフの音楽

今週もブッククラブ回さんのメルマガから、
気になったものをピックアップ。

グルジェフのピアノ曲です。

The Music of Gurdjieff / De Hartmann / G-H Records
"The Music of Gurdjieff"

全56曲ある中で、私が興味を持ったのは、
"Song of the Fisherwomen" と、"Song of the Aisors"。

後者は、YouTube にヴァイオリンで演奏したものがありました。
Steven Tsitsos さんは、まだ若いカナダのヴァイオリニストみたいですが、
演奏といい、ルックスといい、人気が出そうですけれども。


"Song of the Aisors"

ちなみに、この曲を聴いてピンときた人。
・・・どこかで私とお会いしたことありません?
posted by あず at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽−クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

秋元純子版画ギャラリー

調べ物をしているうちにたどりついた、
とあるホームページ。

秋元純子版画ギャラリー
http://www.akimoto.com/gallery/

中世ヨーロッパの作品を思わせるような、
独特の雰囲気がイイ感じ。
posted by あず at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。