2011年02月28日

ホワード七歩子先生・春のワークショップ

恒例、ホワード七歩子先生による、
春分のフラワーエッセンスワークショップが近づいてきました。

私はここ数年、先生のイベントには、
参加できずにいますけれども、
先生はますます人気のようで、
イベントもすぐに満員となってしまうようです。

私は先生から、フラワーエッセンスに対する愛を学びました。

申し込みは、3月3日から。
主催は Sylphide Blue の陽子さんです。

Sylphide Blue
http://www.sylphideblue.com/

フラワーエッセンスヒーリング―バッチの花療法 光の中へ [単行本] / 上野 七歩子 (著); 説話社 (刊)
『フラワーエッセンスヒーリング』/上野七歩子(ホワード七歩子)
posted by あず at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | フラワーエッセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

ウィズイン・テンプテーション Within Temptation

前の記事で紹介した『HONKOWA』というのは、
『ほんとにあった怖い話』からきている、
ということもありまして(関係あるか?)、
ちょっとゴシックメタルを聴いてみたり。

 ゴシックメタル - Wikipedia

まあ、このウィズイン・テンプテーションを、
いわゆるゴシックメタルの範疇にくくっていいのかどうか、
ちょっとわかりませんけれども。

YouTube のオフィシャルチャンネルから。


"Memories"

再生回数1000万回か・・・すごいな〜。
posted by あず at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽−ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

菅原正子『占いと中世人』

講談社現代新書の新刊です。

占いと中世人―政治・学問・合戦 (講談社現代新書 2089) [新書] / 菅原 正子 (著); 講談社 (刊)
『占いと中世人』

著者の菅原正子さんは、
日本中世史・文化史が専門の方なので、
どこまで「占い」の実際に関して書かれているか、
わかりませんけれども、面白そうな感じ。

ただ、こういうテーマになりますと、
やはり陰陽道家・高橋圭也先生がよろしいかと。

いま、隔月刊のホラー漫画誌『HONKOWA』(朝日新聞出版)で、
連載「戦国呪術バトル」を監修していますが、
今号には「戦国武将と呪術の驚くべき関係」というお話もあります。

それ以外にも、何気に山口敏太郎さんの名前もあったりして。

HONKOWA (ホンコワ) 2011年 03月号 [雑誌] [雑誌] / 朝日新聞出版 (刊)
『HONKOWA』2011年3月号
posted by あず at 10:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 占い・占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

マジック・パイ Magic Pie

ああ、トップページから、
お気に入りだった Moon Safari の記事が消えてしまった、
ということで、かわりの曲を。

ノルウェーのシンフォニック・ロック・バンド、
マジック・パイ Magic Pie のニューアルバム、
"The Suffering Joy" から。
このクリップ、オフィシャルサイトでも紹介されていました。


Endless Ocean
posted by あず at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽−ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

ニホンドウ漢方ブティック

昨日、渋谷・東急東横店10階にある、
ニホンドウ漢方ブティックに行ってきました。

今まで、西洋のメディカルハーブについては、
それなりに勉強し、試してもいたのですが、
最近、日本の薬草について調べているうちに、
漢方薬を使ってみようと思い立ったわけで。

私は今まで、まったくと言っていいくらい、
漢方薬を使ったことがありません。
堀内信隆先生の講座で試し飲みしたくらいかも。
・・・なので、相談員のお姉さんに、おまかせです。

漢方相談では、今の状態やふだんの生活などを、
いろいろと細かく丁寧に聞いて下さり、
結果、提案していただいたのは、
「柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)」。

  柴胡桂枝乾姜湯|漢方薬の基礎知識大辞典|
  http://www.ooaii.com/kanpou/menu_k052.html

お店で試したとき、
飲んだとたんに頭がくらくらとして、
ぼーっとした感じになり、
「おお、強いかも」と思ったのですが・・・。

それでも煎じ薬に挑戦。

P1010089a.jpg
土瓶も買っちゃいました!


P1010105a.jpg
煎じています。。。
おお、出ていますね。

P1010109a.jpg
うん、意外と飲みにくくはないかも。

ちゃんと続けましょう!<あず
posted by あず at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | アロマ・ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

田川建三からのお知らせ(第17回)

すっかりチェックが遅くなりましたが、
2月1日に更新されています。

田川建三からのお知らせ
http://www6.ocn.ne.jp/~tagawakn/

『新約聖書・訳と註』
ルカ福音書が、今月中に発売です!
もちろん、作品社さんからの出版です。
posted by あず at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

秘教占星術/デカンビチュアチャート

前回の記事で、吉祥寺のカイロンさんの名前を出しましたが、
そのカイロンさんで、この春、注目の講座が開催されます!

「秘教占星術/デカンビチュアチャート」

講師はワンダ・セラー先生。
10年くらい前に日本でアロマテラピーの勉強をした人なら、
おそらく誰もが読んだであろう、
『84の精油』の著者として有名ですよね。

アロマテラピーのための84の精油 [単行本] / ワンダ・セラー (著); 高山 林太郎 (翻訳); フレグランスジャーナル社 (刊)
『アロマテラピーのための84の精油』

昨年、来日した時も、素晴らしい講座だったと聞いております。
(⇒岸延江先生の報告記事

さらに今回は、心理占星術研究家の鏡リュウジ先生も参加して、
通訳が LSA Japan 校長のバーグ文子先生という、
ちょっとあり得ないような、超豪華な顔触れ!!

ああ、参加できる方が羨ましい!
posted by あず at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 占い・占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

春の手作りフラワーエッセンス講座

フラワーエッセンスの講座のお知らせ。

「心とからだのプロフェッショナルになる」
渋谷の学校、アルカノン・セミナーズさんで、
「春の手作りフラワーエッセンス講座」が開催されます。

アルカノン・セミナーズさんといえば、
占い界の超一流講師が名前を連ねている学校ですが、
占い学校では、フラワーエッセンスの講座もよく見かけますよね。
特に、いけだ笑み先生などは、以前から活躍されていらっしゃいます。
かく言う私も、吉祥寺のカイロンさんでお世話になりました。

さて、今回のアルカノン・セミナーズさんの講座ですが、
講師は、さとうむつみ先生です。

さとう先生といえば、
BABジャパンさんの『セラピスト』がプロデュースする、
セラピーネットカレッジでも、
フラワーエッセンス講座をなさっていますね。(過去記事参照)

「春の手作りフラワーエッセンス講座」の詳細については、
アルカノン・セミナーズさんのホームページ
そして、さとう先生のブログに掲載されています。

作ったエッセンスについて、互いにシェアするのって、
なんか楽しそうですね〜。
posted by あず at 06:38| Comment(4) | TrackBack(0) | フラワーエッセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

ゲザ・ホッス=レゴツキ Geza Hosszu-Legocky

しつこく続くハンガリーもの。

ハンガリーのヴァイオリニスト、
ゲザ・ホッス=レゴツキと、
その仲間たちによるユニット、
The5DeViLs の曲から。



でも、やっぱり注目なのは、
マルタ・アルゲリッチとの共演でしょうか。

YouTube のチャンネルには、
シューマンのヴァイオリン・ソナタの録音が、
2004年ライブと2005年ライブの2種類あるのですが、
映像付きの2005年は、特に音がよくなくて、残念。


Schumann: Violin Sonata No.1 1st mov.<2004>


Schumann: Violin Sonata No.1 1st mov. <2005>

どちらも続き、あります。
posted by あず at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽−クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

Napra

前々回前回から続いて、
さらにハンガリーの音楽をということで、
今回は Napra というバンドです。
Nomada に比べるとトラッド色は薄くて、
かなり激しいロックだったりします。


Jaj, a világ!
途中から大騒ぎです。速弾き、スゴイな。。。


Pici Ház
一瞬、JITTERIN'JINN かと。
posted by あず at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽−ワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。