2010年11月02日

バーバンク関連

Burbank_Shaw_c1902.jpg
ルーサー・バーバンク - Wikipedia

バーバンクに関する邦語文献は少ないようです。
岩波文庫からはバーバンクの『植物の育成』が出ていますが、
あいにく今は絶版となっています。

あと、いずれも古い文献ですが、
昭和の初期から戦後間もなくにかけて、
栗原基と高梨菊二郎の本がいくつか出ています。

栗原基『植物新種の創造家 ルーサー・バーバンク』(1931) 恒星社
栗原基『バーバンクと植物品種の創造』(1942) 恒星社
栗原基『植物王バーバンク』(1950) 恒星社厚生閣
高梨菊二郎『科學物語 刺のないサボテン』(1946) 愛育社
高梨菊二郎『実験室のバーバンク』(1950) ナウカ社

『植物新種の創造家 ルーサー・バーバンク』は、
大山国男さんが、現代語の要約をブログに掲載しています。

何となく、この栗原基という人物に興味を持ったのですが、
植物が専門の人ではなく、英語学者だったそうですね。
また、熱心なキリスト者で、キリスト教関連の訳書も多数あります。
ケペル先生のブログ」に、短いながら経歴が触れられています。
posted by あず at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。