2010年12月07日

東陽堂書店

ちょっと前の話になりますが、
東陽堂書店さんから古書目録が届きました。

「最近、何か大きな買い物でもしたっけ?」と思ったら、
山蔭基央氏の『神道入門』を五冊揃いで買っていました。。。

東陽堂書店さんは、神保町の靖国通り沿い、
書泉グランデさんと三省堂書店さんの間にあるので、
神保町に足繁く通う人なら、誰もが知っていると思いますが、
「仏教書専門店」ということで、素通りすることが多いかもしれません。

BOOK TOWN じんぼうの紹介記事を読んでも、

  お客様は、やはり大学の先生とお坊さんが多いですね。
  もちろん一般のお客様もいらっしゃいます。
  最近はお坊さんでなくとも坊主頭の人が多いので、
  どなたがお坊さんかわかりませんが(笑)


・・・いや、その坊主頭は、あきらかに一般人ではなかろう。。。

それにしても、「1500万円するお経」・・・すごい。

そういう異次元の古書はともかくとして、
目録をパラパラめくって、
本のタイトルを見ていると、
それだけで何か楽しくなってきたり。

よくまあこれだけの本があるものと、
先人たちの業績に頭が下がります。
posted by あず at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171822098

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。