2011年01月23日

『アロマトピア』aromatopia No.104 フラワーエッセンス特集

フレグランスジャーナル社さんの雑誌『アロマトピア』。
今月号の特集は、フラワーエッセンスです。

 No.104  2011/1月号(vol.20/No.1)
 自然療法としてのフラワーエッセンスの有用性と最近の動向について

・・・タイトル、長っ!

それは、ともかく。
『アロマトピア』が、特集としてフラワーエッセンスをとり上げるのは、

 No.19  1996 (Vol.5/No.6)
 バッチ・フラワーレメディーの「癒し」について

以来でしょうか? 15年前です・・・。
ちなみに、その時の記事は、以下の通り。

 バッチ博士のフラワー・レメディーとその理論
 / 林サオダ

 レメディーの使い方についての英国バッチ・センターのガイドライン

 バッチ・フラワーレメディーの安全性と正しい選び方・使い方
 / 中沢あつ子

 英国におけるバッチ・フラワーレメディーの現状
 / ハーマイオニ・エリオット

 日本におけるバッチ・フラワーレメディーの現状
 / ハーミア・ブロックウェー

 波動測定によるバッチ・フラワーレメディーの検索とホメオパシー療法による癒しについて
 / 清水英寿

 英国におけるホリスティックながん治療とバッチの花療法
 / ハーマイオニ・エリオット

 特集コラム・髪の毛の波動からフラワーエッセンスを選ぶ
 / (有)マイキ

 植物・動物へのバッチ・フラワーレメディーの使い方応用編
 / ハーミア・ブロックウェー

 海外,日本のフラワーエッセンスについて
 / 中沢あつ子

 オーストラリアン・ブッシュ・フラワーエッセンスの特徴とその選び方
 / 服部祐三

 バッチ・フラワーレメディーの種類と効用一覧リスト

 バッチ・フラワーレメディー体験談


林サオダさんと、中沢あつ子さんは、今回も執筆していますね。
15年間も活躍し続けるというのは、すごいことです。
posted by あず at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フラワーエッセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181989024

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。