2011年03月15日

ウェストレイク博士の放射線レメディ

放射能汚染のためのフラワーエッセンスといえば、
FES のヤローエンバイロメンタルソリューションが有名です。
FESフラワーエッセンス ヤロー環境フォーミュラ(Y.E..S) 30ml / アフィージャパン (AFEE Japan)
そのアイデアの原型は、オーブリー・ウェストレイク博士による、
バッチのコンビネーションレメディにあります。

ウェストレイク博士はラジオニクスの世界で知られていますが、
アーサー・ベイリーがエッセンスに出会うきっかけになった人として、
『ベイリー・フラワーエッセンス・ハンドブック』にも登場します。
ベイリー・フラワーエッセンスハンドブック 新装改訂版 (ホメオパシー海外選書) [単行本] / アーサー・ベイリー (著); 由井 寅子 (翻訳); ホメオパシー出版 (刊)

そのウェストレイク博士の処方を、
ここでは、パトリシア・デービスの著書、
アロマテラピー事典』(フレグランスジャーナル社)から紹介します。


<材料>
・蒸留水   100ml
・海塩    3.5g
・エッセンス 各2滴
  チェリープラム
  ゲンチアン
  ロックローズ
  スターオブベツレヘム
  ヴァイン
  ウォールナット
  ワイルドオート

<作り方>
・10ml 入りのスポイトピンにエッセンスを入れ、
 蒸留水と海塩をまぜた塩水でビンをみたす。

<使い方>
・放射能漏れや放射線治療などで被ばくした人
  1日3、4回、1回2滴を飲用する。
  もしくは風呂に10〜15滴入れて入浴する。
  これらを2週間続ける。
・TV や PC などを使い続けている人
  毎週1、2回、上記の方法で入浴する。゜
この記事へのコメント
あずさん へ

目に見えないぶん,
発電所近くに住む方たちにとって
放射線は身近なものであり
同時に恐怖だったでしょうね。
母の実家が,浜岡原発からそう遠くないところにあるので
幼い頃見に行った思い出があります。
その時は『すごいなぁ。』としか思わなかったのですが
大人になって考えると改めて恐ろしさを感じます。

閑話休題!
6日の試験に引き続き,13日のシンポジウム
お疲れ様でした。
「3分前」「1分前」「時間です」の他に
「おしまい!」の札が要りそう・・。 
Posted by ちはや at 2011年03月15日 06:39
>ちはやさま

激遅レス、すみません。。。

震災から10日が過ぎました。
特に原発に関しては、
このまま事態が鎮静、終息の方向に
向かって欲しいものですね。
Posted by あず at 2011年03月22日 07:24
FESのヤロー売り切れてました。。ちょっと転写させていろいろ実験してみたかったのだけどね。
フラワーエッセンス 自分で調合するとなるとけっこう必要なんですね。

う〜ん。。。大人もそうですが やはり子供達が心配ですよね。 ではでは
Posted by sakura-cha at 2011年03月24日 23:39
>sakura-cha さま

ヤロー売り切れですか。すごい。。。
ウェストレイクの処方は、
たしかに種類が多いですね。
プラクティショナーの方でなければ、
なかなか全部は持っていないかも。
Posted by あず at 2011年03月26日 23:00
東さま 
白石先生主催のセミナーでお会いした荒木です。
いきなりお邪魔いたします。これらのレメディを持って茨城へいらした方がいらっしゃいます。ありがとうございます。
作り方の質問です。
100ml
10ml
どちらでしょうか?知人から質問されたのですが、アロマテラピー辞典を持っていないので確認しておりません。
どうぞお知らせくださいませ。
Posted by ゆめたま・荒木裕子 at 2011年03月29日 10:01
>荒木さま

こんにちは。あずです。
コメントありがとうございます。
ベースになる塩水は、
100mlの水に対して海塩3.5gみたいですよ。
またそのうち、お会いできたら嬉しいです!
Posted by あず at 2011年03月29日 14:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190610833

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。