2011年03月28日

パガニーニ『24の奇想曲』第5番

ギターで演奏したものを、いくつか YouTube で聴いてみました。
Steve Vai とか、Jason Becker みたいな、
速弾きギタリストの演奏なんかもありましたが、
以前にも紹介した Ewan Dobson の演奏が、なかなかいいですね。


Ewan Dobson - Paganini Caprice #5 - Acoustic Guitar

ギタリストで友人という Denis Chang のチャンネルにも、
第5番と第16番の演奏の映像があります。


Ewan Dobson Paganini Caprice 5 5th

ついでに、パガニーニと関係ないけど、
彼の曲 "Blood and Ice" のライブ版です。
Grand Prix de Guitare de Montréal 2009 での演奏。
演奏時間9分の曲を、かなりカットしています。


Grand Prix de Guitare de Montréal 2009 - Ewan Dobson


posted by あず at 02:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽−クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あずさん へ

う〜ん…しまった。
火曜日にコメントすると
あずさんがレスしにくいんだった・・・。

パガニーニというと『バイオリン』『超絶技巧』というキーワードしか出てこないので
少し調べてみました。
リストの「ラ カンパネッラ」の原曲を作ったというのは忘れていました…。とほほ。

それにしても,クラッシックよくご存知ですよね。
悔しいからCDショップ走ろうかな。バタバタ…。

Posted by ちはや at 2011年03月29日 01:23
>ちはやさま

コメントありがとうございます。
連休です♪

パガニーニといえばハーネマン、ですよね(笑)。
『ホメオパシック・ラブストーリー』読みました?
Posted by あず at 2011年03月29日 02:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/192834113

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。