2011年03月29日

D.スカルラッティ ソナタ

ドメニコ・スカルラッティのソナタというと、
スコット・ロスの記念碑的な全集録音がありますが、
私は巨匠グスタフ・レオンハルトの録音が、
選曲、演奏ともに、昔から気に入っています。

スカルラッティ:チェンバロ・ソナタ集 / レオンハルト(グスタフ) (演奏); スカルラッティ (作曲) (CD - 1999)

その中でも、ヘ短調 K.239 は好きな曲の一つ。
YouTube でもいろいろな演奏がありましたが、
ここでは Cipriana Smarandescu の演奏を紹介したいと思います。
イタリアの合奏団 aliusmodum のチャンネルから。

後半の曲、再生時間3分ちょうどからが、K.239 です。


Domenico Scarlatti - Sonate in fa minore K 69 e K 239


もう一つ、別の曲も。


Domenico Scarlatti - Sonata in re minore K 64


チェンバロ好きな方は、以下の過去記事もどうぞ。
 アントニオ・ソレール Antonio Soler
posted by あず at 03:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽−クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あずさん へ

京都は,木屋町通の桜のつぼみがほころび始めましたよ。

チェンバロは響きが軽いから,
音色を楽しもうと思ったら,
K239くらいの速さがちょうど良いかもしれませんね。
かすかに残る響きを楽しみたかったら,K69かな?
私は夜,まったりしたいときに聴くので,
どちらかというとK69が好きです。

さぁ『ホメオパシック・ラブストーリー』
買いに行きますか(苦笑)
Posted by ちはや at 2011年03月30日 01:45
初めまして!!
ポンダ宮と申します。

難しいことはわからないのですが、とても良い音色の楽器ですね。
ヨーロッパの町中で聞こえてそうなイメージがありますw

これからも更新がんばってください。
Posted by ポンダ宮 at 2011年03月30日 18:14
>ちはやさま

コメントありがとうございます。
K.69も良いですね。
まったりしたいときに聴くチェンバロ曲、
何がいいでしょうかね?
次回以降の宿題にします。
そして、『ホメオパシック・ラブストーリー』は、
まだ読んでいません。。。
Posted by あず at 2011年03月30日 22:48
>ポンダ宮さま

はじめまして。
書きこみありがとうございます。
サイト拝見しましたが、
植物がたくさんで、素敵ですね!

うちは「植物の癒し」と看板を掲げながら、
すっかり道を外れてしまいました(笑)。
で、プライベートなブログになっています(汗)。

今後も自分の好きな物事だけ、
とりあげていくつもりですが、
たまにのぞいて下さったら嬉しいです。
Posted by あず at 2011年03月30日 23:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。