2011年04月03日

『パティパダー』PDF版公開

日本テーラワーダ仏教協会といえば、
東京・幡ヶ谷に精舎があって、
以前、私の職場が近かったことから、
昼休みに何度か、その前を通ったことがありました。

 【過去記事】:花まつり

また、亡くなる2か月ほど前だったと思うのですが、
静養していたオモロイ坊主・藤川和尚のもとを、
友人と一緒に訪ねたことも思いだされます。


さて、その日本テーラワーダ仏教協会では、
東日本大震災で、一部地域に郵送が困難となっているため、
今回、月刊機関誌『パティパダー』4月号を PDF で公開、
自由に閲覧できるようにしています。

 『パティパダー』2011年4月号PDF版を公開

冒頭には、スマナサーラ長老からのメッセージも添付されています。
posted by あず at 00:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 哲学・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あずさん へ
『パティパダー』4月号読みました。
スマナサーラ長老のメッセージ,良かったです。
私達は日頃,やり場のない憤りを非難という形で行政にぶつけてしまいますが,
そこで働いている人も私達と同じ人間なんだなよなぁとしみじみ…。。。
Posted by ちはや at 2011年04月04日 01:18
>ちはやさま

コメントありがとうございます。

「被害には遭っていないが
 非難を受けて悩んでいる方々」

というのは、メディアがとりあげないだけに、
失われがちな視点ですよね。
様々な立場の人がいることに気づかされます。
Posted by あず at 2011年04月04日 10:30
あずさん へ
公務員には『全体の奉仕者』という職業意識が求められます。
「災害時には,自分の職場で職責を果たさなければならない。」
という防災計画が自治体にあり,役場関係の人たちは今,おそらく自分の家族そっちのけだと思います。もちろん,公務員だけでなく,いろんな人たちが自分以外の誰かのため一生懸命なんでしょう。

そんな時だからこそ,いたずらに不安をあおるチェーンメールやデマを流す人がいることが悲しいです。まだ,メディアでそれほど取り上げられていないのが救いですけれど…。

うちの姫達のところにもチェーンメールが来ました。
メールが来た姫達のうち何人かは「おかしい」と思って自分のところでとめたそうです。
冷静に判断できたところは少しホッとしました。
一番最初に考え無しにメールを回した姫には思いっきしカミナリを落としましたけど…。
まったく。。。

Posted by ちはや at 2011年04月04日 23:46
>ちはやさま

今週も大きな余震があったりして、
なかなか落ち着かない日が続きましたね。

公務員の方の職業意識については、
被災地からもいろいろな話が伝わってきて、
高い意識をお持ちの方が数多くいらっしゃることを、
あらためて感じています。

不安をあおるチェーンメールとは、
いったいどういうつもりなのでしょうね・・・。
Posted by あず at 2011年04月10日 22:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。