2011年10月20日

人生を拓く廣池千九郎の言葉

廣池千九郎は明治から昭和を生きた教育者、思想家。

  廣池千九郎 - Wikipedia

私が以前住んでいた静岡県・函南町は、
廣池千九郎が『道徳科学の論文』を執筆した地で、
当時の部屋をそのままに残した畑毛記念館があります。

その『道徳科学の論文』をまとめたのがこのシリーズ。

人生を拓く廣池千九郎の言葉〈第1集〉『道徳科学の論文』第七冊に学ぶ [単行本] / モラロジー研究所 (編集); モラロジー研究所 (刊)
人生を拓く廣池千九郎の言葉〈第1集〉『道徳科学の論文』第七冊に学ぶ

今日、彼の思想や業績は、モラロジー研究所や、
道徳科学専攻塾から学校法人廣池学園へと、
受け継がれているようですが、
彼の「最高道徳」というユニークな思想は、
現代人にどう受け止められることでしょうか。
posted by あず at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/231369383

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。