2011年10月31日

リンケヴィチウス:マーラー交響曲第六番

YouTube でマーラーの交響曲第六番を探していたら、
とても面白い演奏が見つかりました。



ギンタラス・リンケヴィチウス指揮、
ノヴォシビルスク・フィルハーモニック響の演奏です。
日付けを見ると2011年10月24日のものということで、
つい最近行われた演奏会のようです。

 Gintaras Rinkevičius - Wikipedia
 Novosibirsk State Philharmonic Society

ちなみに、リンケヴィチウスは、1960年リトアニア生まれの指揮者で、
現在、ロシアのノヴォシビルスク響の芸術監督兼首席指揮者を務めています。

ノヴォシビルスク響には、首席客演指揮者として、
トーマス・ザンデルリングの名前が見られます。
2011年9月に亡くなった、クルト・ザンデルリングの息子です。

 クルト・ザンデルリング - Wikipedia
 トーマス・ザンデルリング - Wikipedia

さて、私は指揮者もオケも初耳だったのですが、とにかく熱い演奏で驚きました。
リンケヴィチウスのテンポの動かし方は、とても大胆で個性的。
時に濃厚な感情表現で窒息させられそうになるところもありますが、
それも含めて面白いし、今時こういう演奏をする人は貴重ではないでしょうか。

リンケヴィチウスにはリトアニア国立響を指揮した、
マーラーの交響曲集があるらしいです。
ちょっと聴いてみたい気がします。
posted by あず at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽−クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/232997558

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。