2011年08月22日

スザンヌ・チアーニ Suzanne Ciani

ニューエイジ・ミュージック界のピアニストで、
最も好きな人の一人が、スザンヌ・チアーニ
国内盤のCDも発売されていますので、
ご存じの方も多いと思います。

先日、YouTubeで彼女のチャンネルを見たのですが、
画質、音質に難があるものが多く、ちょっと残念。
それでも、曲の素晴らしさは伝わるのでは?


Eagle


La Mer
posted by あず at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽−ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

スティーヴン・ハルパーン 『ディープ・シータ』 Deep Theta

ニューエイジ・ミュージック界のパイオニアで、
音楽療法の分野でも知られている、
スティーヴン・ハルパーンについては、
以前にもこのブログで紹介しました。

その彼の新しいアルバム『Deep Theta』から、いくつかの曲が、
YouTube のオフィシャルチャンネルで公開されました。


01 Deep Theta 4 Hz (part 1)


02 Deep Theta 7 Hz (part 2)


09 Deep Theta 5 Hz (part 9)


今夜はこれらを聴いてから寝ることにします。
posted by あず at 21:32| Comment(8) | TrackBack(1) | 音楽−ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

Real Music その2 - Liquid Mind

Real Music の Video ページには、
YouTube にアップされた映像が紹介されています。

その中から、Liquid Mind の曲を。


Teach Me to Whisper


Dream Messenger

もう一つ、Liquid Mind の曲を紹介。


Breathe in Me
posted by あず at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽−ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

Real Music

何となく、まったりした音楽でも聴こうと思い、
2002 などで知られるニューエイジ系のレーベル、
Real Music のサイトを見たところ、
いい感じの曲が流れてくるではないですか。

1月のプレイリストは、
コンビレーションアルバム『Comfort Music 1』から。
1曲目は、Back to Earth というユニットの
"When Angels Smile" という曲です。
Back to Earth の曲のサンプルは Mx3 というサイトでも聴けます。

2曲目の "Rhythm of the Tides" も、いい感じ。
この曲を演奏する Gandalf は、YouTube に映像があります。


Gandalf Sanctuary Tour 2009

そのあとも、Nicholas Gunn、2002、GoviBernward KochKevin Kern と、
このレーベルの看板どころの曲が続いています。
今月は、Real Music のトップページ を開いたまま、
BGM として曲を流しているのもいいかな。
posted by あず at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽−ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

デーヴァ・プレマール Deva Premal

先日届いたブッククラブ回さんのメルマガで、
誰が呼んだか「マントラの歌姫」こと、
デーヴァ・プレマールのアルバム "Into Light" が紹介されていました。
瞑想的な曲を集めたコンピレーション・アルバムだとか。

ヒーリングショップの音楽コーナーでは、
彼女の CD を結構見かけますけれども、
実は私、今までほとんど聴いたことがありませんでした。
そこで、今回のメルマガをきっかけに、試聴をしてみました。

例によって、YouTube のオフィシャルチャンネルから、
"Into Light" 収録曲を。


"Lokah Samasta"
posted by あず at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽−ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

マドレデウス Madredeus

マドレデウス - Wikipedia

私がこのバンドを知ったのは、今から10数年前。
作曲家・梶浦由記さんが、当時ご自身のホームページで、
アルバム "O Espírito da Paz" を紹介していて、
それを見て、アルバムを買ったのが最初でした。

O Espirito De Paz [Import, From US] / Madredeus (CD - 1995)

当時は民族音楽をとりいれた音楽が流行っていた気がするし、
私自身も好きで、けっこう聴いていました。

いま、あらためて振り返ってみると、
マドレデウスがアルバム "O Espírito da Paz" をリリースした1994年は、
エニグマが 2nd アルバム "The Cross of Changes" をリリースした年であり、
アイリッシュダンスの舞台作品 "Riverdance" 誕生の年でもあります。

さて、そのマドレデウスのビデオの制作を手掛けている、
José F. Pinheiro 氏のチャンネルが YouTube にありまして、
いくつかの映像がアップされていました。
ここでは、"O Espírito da Paz" 収録曲から。


"Ao longe o mar"


リミックス版も。

ヴォーカルのテレーザの声は、本当に素晴らしいですね。
ただ、今回 Wikipedia を見て知ったのですが、
ソロ活動に専念するために脱退したとか・・・ちょっとショック。
posted by あず at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽−ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

デヴィッド・アーカンストーン David Arkenstone

デヴィッド・アーカンストーン David Arkenstone は、
80年代から活動しているニューエイジミュージック界の大御所。
グラミー賞にも3度ノミネートされるなど、高く評価されている人です。

むかしは NARADA や Windam Hill からアルバムを出していましたが、
最近、喜多郎や吉田兄弟も名を連ねる Domo Records と契約したようで、
YouTube に Official Channel がありました。

ニューエイジミュージックというと、
瞑想する時に後ろで流すような、
心を落ち着ける曲というイメージがありますが、
彼のスタイルはちょっと異なります。

世界各地の民俗音楽やロック、クラシックなど、
さまざまなスタイルを取り入れた、
スケールの大きいダイナミックな音楽で、
まるで映画のサウンドトラックのように、
聴く人のイマジネーションに強く訴えます。

・・・とにかく、聴いた方が早いわけでして。


Temple of Isis


Tower of Light

歌モノも貼っておきますか。

The Messenger

興味を持った方は、ぜひ他の曲もチェックしてみて下さい。
posted by あず at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽−ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

ロリーナ・マッケニット Loreena McKennitt

ロリーナ・マッケニット - Wikipedia

昔、ヒーリングミュージックをよく聴いていた頃に、
ケルト音楽の中で最も好きだったミュージシャンのひとり。
ある人が「暗い Enya」と評していましたが、まさにそんな雰囲気で、
Enya のポップな感じになじめない人にお勧めします。

アルバム『ザ・ブック・オブ・シークレッツ』を聴いて以来、
まったくチェックしていなかったのですが、
翌年に不幸な出来事があったことを、Wikipedia で知りました。

YouTube に Official Channel がありました。
アルバム『マスク・アンド・ミラー』から、2曲紹介。


The Bonny Swans


The Dark Night Of The Soul

アルバム『マスク・アンド・ミラー』は、
パーカッションでホッサム・ラムジー Hossam Ramzyが参加しているんですよね。
posted by あず at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽−ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

スティーヴン・ハルパーン Steven Halpern

スティーヴン・ハルパーンは、
ニューエイジ・ミュージックの枠を超え、
音楽療法の分野で、その地位を確立している音楽家です。
ミシェル・ゲイナー著『音はなぜ癒すのか』でも紹介されているので、
代替補完療法に興味を持っている人は、ご存知かもしれません。


音はなぜ癒すのか―響きあうからだ、いのち、たましい

音はなぜ癒すのか―響きあうからだ、いのち、たましい

  • 作者: ミッチェル・ゲイナー
  • 出版社/メーカー: 無名舎
  • 発売日: 2000/09
  • メディア: 単行本



数え切れないほどのアルバムを発表していまして、
そのすべてを聴いたわけではありませんが、
私が持っている中で、気に入っているのは、
"Inner Peace" というアルバム。瞑想好きな方におススメです。

ここでは、YouTube にある映像を紹介します。
アルバム "In The Om Zone 2.0" より。

posted by あず at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽−ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

神と仏〜ハワイアン

鎌田東二『神と仏の出逢う国』を読んでいたら、
ハワイのカフナ・ナヒとの法螺貝セッションの話があった。


神と仏の出逢う国 (角川選書)

神と仏の出逢う国 (角川選書)

  • 作者: 鎌田 東二
  • 出版社/メーカー: 角川学芸出版
  • 発売日: 2009/09/10
  • メディア: 単行本




ナヒとは、2002年に来日したとき、
わずかな時間ながら、共に過ごす機会があった。

あるとき、滞在先で寂しかろうと、
HAPA の曲をかけたところ、
"Lei Pikake" を気持ちよさそうに歌ってくれた。
ちょっと嬉しかった。

YouTube で、HAPA のアルバムを販売しているレーベル、
Mountain Apple Company のチャンネルを見る。
Hapa があれば貼り付けようと思ったが、ない。。。
かわりに、Keali'i Reichel でも。

posted by あず at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽−ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。