2011年07月07日

佐渡裕『僕はいかにして指揮者になったのか』

少し前の話題になりますが、
指揮者・佐渡裕さんが、
ベルリンフィルの定期演奏会で指揮をして、
だいぶマスコミにもとりあげられていたようですね。
早速 CD も出ているみたいで。

佐渡 裕 ベルリン・フィル・デビューLIVE / 佐渡裕&ベルリン・フィル (CD - 2011)
『佐渡 裕 ベルリン・フィル・デビューLIVE』

佐渡さんの演奏は CD でしか聴いたことがありませんが、
「ドイツのオーケストラを指揮して欲しいな」
と思っていたので、今後の活躍が楽しみです。

そこで、読んでみた本。

僕はいかにして指揮者になったのか (新潮文庫) [文庫] / 佐渡 裕 (著); 新潮社 (刊)
『僕はいかにして指揮者になったのか』

佐渡さんが世に出るまでの、
波乱万丈のエピソードを描いた自伝的エッセイです。
特に最晩年のバーンスタインとの関係のくだりは、
弟子を思う師の愛の深さに、私も胸が熱くなりました。

その佐渡さんの映像を YouTube で探していたら、
パリ管のオフィシャルチャンネルに、
ベートーヴェン・ピアノ協奏曲第3番のリハーサルの模様がありました。


Orchestre de Paris : Leif Ove Andsnes

ピアノはアンスネスです。

 レイフ・オヴェ・アンスネス - Wikipedia

アンスネスの演奏、はじめて聴いたのですが、
音がとてもきれいですね。透明感があります。
北欧・ノルウェーのピアニストですか。

わずか3分ほどの映像ですが、聴いていて幸せになりました。
posted by あず at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽−クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

第8回 東京平和映画祭

2011年6月26日(日)10:00〜19:30
第8回 東京平和映画祭が、
国立オリンピック記念青少年総合センター
カルチャー棟大ホールで開催されます。

今年のテーマは、
「原発のない世界はつくれる!!」
脱原発エネルギーシフト特集です。

詳しくは、オフィシャル・サイトへ。

東京平和映画祭オフィシャル・サイト
東京ピースフィルム倶楽部
http://www.peacefilm.net/
posted by あず at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

essence within project

essence within project
http://ewproject.exblog.jp/

エッセンスを通じてつながる輪。

こちらのプロジェクトでは、
現在、東日本大震災の被災地の方へ、
フラワーエッセンスや空きボトルを送る活動を行っています。

関心をお持ちの方、ぜひ一度、
上記ページを訪ねてみて下さい。
posted by あず at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フラワーエッセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

村上志緒先生と歩くフィールドツアー

今日はグリーンフラスコさんのイベント、

村上志緒と歩くフィールドツアー
〜高尾の多摩森林科学園 新緑の緑を楽しむ〜

に、参加してきました!

村上志緒先生のフィールドツアーに参加するのは4年ぶり、
(以前は等々力渓谷を歩きました)
また、多摩森林科学園は私にとって6年ぶり、ということで、
懐かしいことづくめのツアーとなりました。

「さあ、写真を撮るぞ〜」と思っていたのですが、
デジカメの中にメモリーカードを入れ忘れ、あいにく断念。
やりがちなミスです。。。
6年前、サクラの開花時期に訪ねた時の写真をはっておきます。

P4140013a.jpg

P4140034a.jpg

P4140017a.jpg

この時期、花はそれほど多くなかったですが、
午前中、職員の方に園内を案内していただき、
午後は村上先生のお話を聞きながら、さまざまな植物を見て歩きました。
いろいろな面で、とても勉強になりましたし、
自分も勉強しないとなぁ、という気持ちになりました。

今日、気になった植物の一つは、シャリンバイ。

raphiolepis.jpg
(2004年5月7日 於:天神島)

村上先生が「サクラの花のような香りがする」と言われたので、
香りをかいでみたのですが、たしかにちょっとそんな感じ。
甘酸っぱい香りがしました。

一度、晩夏から秋にかけて行ってみたいです。
posted by あず at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ・ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

健康博覧会:フラワーエッセンスのセミナー

毎年3月におこなわれる健康博覧会ですが、
今年は東日本大震災の影響で延期になりまして、
6月7日〜9日、東京ビッグサイトで開催されます。

出展社プレゼンテーションでは、
フラワーエッセンスをテーマにしたものがおこなわれます。
興味をお持ちの関係者の方々、是非。

6/8(水)15:10〜15:40
大自然の植物の癒し フラワーエッセンスの魅力と活用について
カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー

6/9(木)14:30〜15:00
震災後のPTSDや心のケアに バッチ博士のフラワーレメディ
(株)SEEDS OF LIGHT
posted by あず at 20:44| Comment(7) | TrackBack(0) | フラワーエッセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

アズ直子『アスペルガーですが、妻で母で社長です。』

フェイスブックの活用法など、各種講演で活躍する、
アズ直子さんの本が出ました!!

アスペルガーですが、 妻で母で社長です。 [単行本(ソフトカバー)] / アズ直子 (著); 大和出版 (刊)
『アスペルガーですが、妻で母で社長です。』

アズさんは、私の大恩人。
私がバッチフラワーを学びたいと思った時、
さまざまな学びや出会いの機会を与えてくれた方です。

この本は、タイトル通りのご自身の生き方を赤裸々に語り、
その経験から得たことを「30のルール」としてまとめています。
「実は私も!」「私もそうすればいいんだ!」と、
共感する読者も多いはず(私も含めて)。

是非、読んでみて下さい!
posted by あず at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

杉原梨江子『古代北欧ルーン占い入門』

2011年は、ルーンの年なのでしょうかね?
杉原梨江子さんのブログ記事にトラックバック。

『古代北欧ルーン占い入門』/杉原梨江子(実業之日本社刊)

杉原梨江子さんといえば、
ケルトを題材にした御本がいくつかありますが、
今回はルーンということで、どのような内容になりますでしょうか。

いろいろな意味で気になっちゃいます!!

Runes.Larsson.gif
posted by あず at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い・占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

石川楓花『あなたの願いを叶えてくれるルーン占い入門』

ル・クプルの藤田隆二さんのブログで紹介されていてビックリ!!

石川楓花先生の本、
『あなたの願いを叶えてくれるルーン占い入門』が、
いよいよ出版されました!
あなたの願いを叶えてくれるルーン占い入門 [単行本(ソフトカバー)] / 石川楓花 (著); 説話社 (刊)

先日、池袋のジュンク堂で、
棚に並んでいるのを見ましたが、
とてもカワイイ本で、
女性に人気が出そうです!!

ヨーダさんのところに持っていけばよかったな。
posted by あず at 01:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 占い・占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

荒幡富士

昨日は15年前に住んでいた所沢をたずね、
好きだった荒幡の地を歩き、荒幡富士まで行ってきました。

  所沢市観光協会 - ところざわ百選 - 58.荒幡富士

日本には各地にさまざまな「富士」がありますが、
この荒幡富士は、人工の山。
荒幡の地に浅間神社ができたときに、
当時の村人たちによって作られたとか。

P1010105a.jpg

P1010107a.jpg

晴れた日に登ると、とても見晴らしがよく、
丹沢や富士山も見えるのですが、
今日はあいにくの曇天の上に、
震災の影響で登ることができませんでした。

P1010098a.jpg

しかも、着いたとたんに雷が鳴りはじめ、
山を下りる頃には、土砂降りの雨に。。。
今度は晴れた時に登りたいです。

P1010108a.jpg
posted by あず at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

ヴィヴァルディ:フルート協奏曲

ヴィヴァルディのフルート協奏曲をはじめて聴いたのは、
大学生の頃だったと思います。
ブリュッヘンと18世紀オーケストラの演奏だったのですが、
とにかくブリュッヘンのリコーダーには驚きました。

ヴィヴァルディ:フルート協奏曲「海の嵐」 他 / ブリュッヘン(フランス) (指揮); ブリュッヘン(フランス) (演奏); ビバルディ, A.マルチェルロ, プラッティ (作曲); ヘインズ(ブルース), 18世紀オーケストラ団員 (演奏) (CD - 1997)

リコーダーというと、小学校の音楽の時間に、
自分でも「ぴーひょろ」吹いていたのを思い出しますが、
同じ楽器とは思えないほど芸術的です・・・。
(いろいろな意味で比べるのが間違い)

さて、そのフルート協奏曲を、
アメリカの古楽アンサンブル Voices of Music の演奏で。


Vivaldi: Recorder Concerto in F Major "Tempesta di Mare"
『海の嵐』映像なし。
でも、こんなふうにリコーダーが吹けたら、楽しいだろうな〜。


Antonio Vivaldi: Recorder Concerto in C Major RV 444 Allegro

YouTube には、他にもいろいろなアンサンブルの演奏がありましたが、
フランス人指揮者 Jean-Christophe Spinosi が率いる、
Ensemble Matheus の演奏と、
ロック色の濃い演奏をするイギリスのグループ
Red Priest の演奏は、なかなか面白いかもしれません。
posted by あず at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽−クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。